ハーブティーの歴史

古来から人々はハーブの薬効成分を医療や日常生活に役立ててきました。
それは紀元前にまでさかのぼるほど、ずっと昔に文献などに残されていたそうです。

古代の時代のハーブ

古代文明の時代には世界のあちこちでハーブを使った医療の記述が見られます。
古代エジプト時代の紀元前1700年頃に書かれたパピルスの文書には、
アロエなど約700種類のハーブが記録され、
うがい薬や湿布などに使っていたことが記されています。

ピラミッド

また、インドでは紀元前1000年頃に伝統医学アーユル・ヴェーダの書物
まとめられ、数百種類もの薬用植物が記述されています。

古代ギリシャの時代になると、薬草による治療は
本格的に「医学」というものに近くなっていきます。
紀元前400年頃、古代ギリシャでは医学の祖と呼ばれる医師ヒポクラテスは
「体液病理説」という考えの元、400種類におよぶハーブの薬効や
処方をまとめたり、現代でいう芳香浴の効能についても言及しています。
そしてヒポクラテスがハーブを煮出した汁を処方していたそうですが、これが
ハーブティーの起源だと言われています。

古代ローマ時代では薬草を使った医学は更に進み、
1世紀くらいにはローマ皇帝のネロの軍医であったディオスコリデスが
薬物誌(マテリア・メディカ)を著しました。
この書物では薬効のある植物だけでも約600種類が取り上げられており、
ヨーロッパでは薬用植物を学ぶ者にとってのバイブル的存在として
長い間活用されていました。

同じ頃、漢の時代の中国では漢方の基礎となった
「神農本草経」がまとめられています。

中世の時代のハーブ

10世紀になると、薬草を使った医療は更に広がっていきます。
薬用植物に関する知識はヨーロッパから中東に伝えられました。
そこでペルシャの医師イブン・シーナ(アビケンナ)が
錬金術の技術をベースに植物から精油(エッセンシャルオイル)
抽出する蒸留方法を確立させました。
これが現代のアロマテラピーの基礎となりました。
004545

そして時代は流れ、15~17世紀の大航海時代には
多くの船がヨーロッパから出航し、東洋や新大陸を行き来し交流が生まれました。
そのことによって、多くのヨーロッパにはないハーブやスパイスが
持ち込まれ伝統療法に活かされたり研究が進められたりしました。
よく風邪をひいたときに飲むエキナセアもこの時代に
新大陸からヨーロッパへとまたらせたものだそうです。
vehicle_ship03

また、この時代では現在でもハーバリストとして有名なウィリアム・ターナー、
ニコラス・カルペパー、ジョン・ジェラード、ジョン・パーキンソンなどが活躍しました。

近代のハーブ

19世紀に入ってからは、今までとは別の方向と内容で薬用植物の研究が進みます。
鎮痛作用や抗炎症作用のあるメドースイートというハーブから
有効成分が分離されたのをきっかけに、植物から特定の効能のある成分を
分離して化学的な方法で医薬品が開発されるようになりました。
麻酔薬として使われていたコカインや鎮痛剤として
現在も使われているアスピリンなどが代表的な例です。

更に、特定の病原菌を殺す抗生物質や感染予防のワクチンが開発され
人々の関心は医薬品のほうへ移っていきます。

このような即効性を得られるような医薬品の発達、
近代医療技術の発展によって薬用植物を使った治療及び伝統療法は
舞台の裏側へと移ってしまいました。
近代のハーブ

現代のハーブ

20世紀に入ってからは先ほどの近代医療や医薬品に対する
人々の考えが変わってきました。
医薬品による薬害や副作用を気にしたり、はっきりと病名を
つけられないような不調を抱える人が多くなりました。

また、ストレスや生活習慣病など近代医療や医薬品ではなかなか改善することが
難しく、普段から予防することが大切な不調がでてきました。

そこで、病気にかかる前から自分で予防するという意味の「セルフメディケーション」という観点から再びハーブが見直されるきっかけとなりました。
ラベンダー

更新日:

Copyright© 気になるハーブティー効能ガイド , 2020 All Rights Reserved.