ハーブティーの淹れ方

茶葉から美味しく淹れる!

本格的にハーブティーを楽しみたい!
市販で売っている茶葉のブレンドティーを飲みたい!
という方にはポットを使って茶葉から淹れるハーブティーをおススメします。
ティーポット_8179

・準備するもの
ティーポット
茶こし
ティーカップ
ティースプーン

①あたためたティーポットにブレンドハーブを
ティースプーンで1人分山盛り1杯くらいいれます。
※濃い目が好きな方は2〜3杯いれてください。

②沸かしてから少しおいた熱湯(おおよそ95℃くらい)を
静かにポットに注ぎ、香りが逃げないようすぐに蓋をしめます。

③3〜5分ほどそのまま蒸らします。
※実や根っこのハーブの場合少し長めに蒸らしてください。

④カップに注げばできあがりです!

早く美味しく簡単に淹れる!

美味しいハーブティーは飲みたいけどもっと簡単に、早く淹れたい!
急にお客さんが来ちゃって早くお茶を出さなきゃ!
という方にはティーバッグのハーブティーをオススメします。

お花とティーカップ_9752

・準備するもの
ティーカップのみ
(できればふた付きであればもっと美味しくなります!)

①ティーカップにティーバッグをいれて、上の茶葉の場合と同じように沸かしてから少し置いた熱湯を
静かに注ぎます。

②蓋があれば香りを逃さないようにティーカップに
かぶせてそのまま3〜5分ほど蒸らします。

③ティーバッグをお湯の中で軽く振って取り除いたらできあがりです!

アイスティー風に冷たいハーブティーにしたい!

たまには普段と違ったハーブティーが飲みたい!
夏場は冷たいハーブティーがいいなぁ...。
という方にはをたっぷり使った冷たいハーブティーをオススメします。

073277

・準備するもの
耐熱性のあるグラス、またはコップ
茶葉を使う場合はティーポット、ティースプーン、茶こし

①茶葉を使う場合はあたたかいハーブティーを淹れる時の
約1.5~2倍くらいの分量をあたためたポットにいれます。
ティーバッグを使う場合は耐熱性のあるグラスに
ティーバッグをいれます。

②どちらもお湯の量は少なめに注ぎます。
※氷が入るとお茶がどうしてもうすくなるので濃くするためです。

③茶葉を使う場合2~3分ポットで蒸らします。
ティーバッグを使う場合あたたかいハーブティーを淹れる時より
少し多めの時間蒸らします。

④茶葉を使う場合ポットのハーブティーをグラスに注ぎ、
氷をたくさんいれます。
ティーバッグを使う場合も同様に、グラスからティーバッグを取り除き
氷をたくさんいれます。
できあがり!

※冷やすことによって苦味はより感じやすくなるため苦味のきつい
ハーブなるべく少なくブレンドするか避けることをおススメします。

トッピングを加えて更に美味しく!

ハーブティーの中にはどうも飲みづらかったり、
もう一味足りないということがありますね。
そんな時はもう一味足せばとても美味しいハーブティーに変身します。

例えばラベンダーのハーブティーを濃く淹れすぎてしまった場合、
苦すぎてそのまま飲むのはつらいという方も多いと思います。
そこで冷蔵庫にはいっているミルクを足せばまろやかで優しい味ラベンダーの
ゆったりとした香りがただようおいしいハーブティーになります。
他には…
・カモミールティーにミルクまたはバニラエッセンスを加える。
・冷たいペパーミントティーにレモン果汁またはライム果汁を加える。
・ハイビスカスティーにハチミツまたはステビアというハーブを加える。
※ステビアは天然甘味料としても知られているハーブで砂糖の200倍甘いので
カロリーを気にする方には特にオススメします。

このように色々なトッピングによってハーブティーは自由に味を変えることができます。
自分だけの特別なハーブティーレシピを考えるのも、また楽しみですね♪
メイドさん

更新日:

Copyright© 気になるハーブティー効能ガイド , 2020 All Rights Reserved.